わずらわしい髭剃りから解放されるには

髭剃りが毎朝の日課になっている男性は多いと思いますが、丁寧に剃ってもカミソリ負けによる肌荒れが頻繁に発生して悩んでいる人も少なくないでしょう。
また、髭が濃いと剃った跡が青々としてしまうので、不潔な印象になって困っている男性も多いです。
剃り跡が青くならないように毛抜きで髭を一本一本抜いている人もいますが、埋没毛になって後々ケアするのが大変になってしまうので髭は抜かない方が無難です。
シェービングによる肌トラブルを少しでも減らすために、蒸しタオルなどでヒゲをよく温めて柔らかくしてから剃ることが大切です。
シェービングクリームをつけて肌への負担を減らしながら剃って、シェービング後はしっかりと保湿ケアするようにしましょう。
しかし、どんなに丁寧に髭剃りを行っても肌トラブルを防ぐことはとても難しいです。
特に、濃い髭の男性ほど肌ダメージが大きくなるので、できれば髭剃りそのものをしなくて済むように脱毛すると楽になります。
現在は男性が脱毛をすることは決して珍しいことではありません。
男性向けの脱毛施術の中でも髭脱毛はとても人気があり、サロンやクリニックで髭のないツルスベ肌を気軽に目指すことができます。
髭剃り後の青々とした剃り跡や肌荒れに悩んでいる男性は、サロンやクリニックに一度相談してみることをおすすめします。

理容室のプロに学ぶ髭剃り

理容室で散髪をすると、最後の髭剃りをしてくれます。
理容室で髭剃りは肌が痛くならないしさっぱりするしで実は人気があります。
電気シェーバーもあるし、そこまで気にしない人もいるかもしれませんが、プロに任せると仕上がりの良さに驚くかもしれません。
ではプロに任せるとなぜ違うのか、手順を見てみましょう。
まず髭剃りを行う前に蒸しタオルで1分程度、顎周辺を蒸らし、髭を柔らかくします。
次にシェービングクリームやジェルを剃りたい部分に付けます。
そして剃るのですが、最初は上から下へ毛の流れに沿ってカミソリを動かします。
次に再びシェービングクリームなどを塗って、今度は下から上に剃りあげ、剃り残しを無くします。
剃り終わった後はタオルで拭くだけでなく、お湯で優しく洗い流してください。
最後にローションなどで肌の保湿をして終了です。
蒸す、クリーム、最初は毛の流れに沿ってクリームを再び塗ったら次に逆方向、洗い流す、保湿と、当たり前の様な基本を行うことで、理容室の様なさっぱりとした仕上がりになります。
朝からこれらをすることは面倒くさい、と思わずに一度やってみる価値はあると思います。
しかし以上の点を守っても、カミソリの刃が錆びていてはカミソリ負けをしてしまうので、最低でも2週間に1回は交換しましょう。
見た目には分からなくても思っている以上に刃の錆は早いですし、衛生的にも早めの交換が良いです。

Favorite

カプセルホテル 東京
http://sugamo-capsule.com/
保育士 求人
http://hoiku-studio.com/
豊中市 歯医者
http://www.matsumoto-dentalclinic.jp/
熊谷 学習塾
http://www.yell4u.co.jp/saitama/kumagaya
離婚したい
http://tobira-rikon.com/
不動産担保
http://ryuplan-k.jp/
飲食店 開業
http://tsukamoto-office.biz/
茨木市 歯医者
http://www.yamashita-shika.com/

2016/6/9 更新

Copyright (C) 2015 髭を嗜む All Rights Reserved.