世界三大珍味、日本三大珍味はもちろんのこと、各地方の珍味はお土産としても喜ばれます。

珍しい食材の楽しみ方

世界三大珍味と言われる「キャビア」「フォアグラ」「トリュフ」。
グルメ通ではなくても聞いたことがある食材です。
キャビアはチョウザメの卵を塩漬けにしたもので産地はロシア、特にカスピ海とアムール川が有名です。
カスピ海はイランにも面しているため、イラン産キャビアも有名。
フォアグラはガチョウや鴨の肝臓を強制的に肥大させた肝臓でフランス産が有名です。
そしてトリュフは「黒ダイヤ」とも呼ばれるキノコ。
フランス産の黒トリュフやイタリア産の白トリュフは特に珍重されています。
これらを三大珍味としているのは日本だけだと言う説もあります。
一方、日本三大珍味とは、「ウニ」「からすみ(ボラの卵巣の塩漬け)」「このわた(なまこの腸の塩辛)」です。
「越前の雲丹」「長崎野母の唐墨」「三河の海鼠腸」が江戸時代に天下の三珍として有名になったそうです。
日本の三大珍味を知らない人は多いのではないでしょうか。
日本国内の高級食材というとやはり牛肉と海の幸である蟹、ウニ、アワビ、いくら、マグロなどでしょうか。
地域ごとにも由緒ある高級な食材や料理が目白押しです。
日常ではめったに自分のために買ったり食したりはしないでしょうが、何かの機会に贈り物で贈ったり、あるいはもらったりしてその存在をあらためて知ることでしょう。
旅行に行ったお土産にも喜ばれること間違いなしです。
珍しいものや高級なものを食べる機会に恵まれると、そのときはセレブにでもなったような気がするのではないでしょうか。
目で楽しみ、鼻で楽しみ、そして舌と胃の中で楽しみたいものです。
Copyright (C)2017 食卓で世界旅行♪いつもと違う気分になれるグルメ食材 All Rights Reserved.