ランチでもディナーでもバイキングという形式があります。おいしそうな料理が並び、目移りしてしまいますが、欲張り過ぎないように注意しましょう。

バイキングに行こう

高級ホテルでランチバイキングを楽しむことができることがあります。
グルメ通ではなくても、おいしい料理を、しかもバイキング形式で味わうと、ちょっと贅沢な時間を過ごせるのではないでしょうか。
海外旅行の際の宿泊先でも朝食などはバイキング形式が多く、温かい料理を楽しむことができます。
ランチなどのバイキングではついついお皿に取りすぎてしまうこともよくあります。
見るものすべてがおいしそうに思えて、あれもこれもと手を出すのですが、あまり大盛りに盛り付けすぎると返っておいしそうではなくなってしまいます。
何回でもおかわりに立てばいいのですから、少しずつ、それぞれの料理を楽しみながら、至福のひとときを過ごしましょう。
ランチの場合はサラダや前菜のほかに、ピザやグラタン、パスタといった比較的軽めの食事が多いかもしれません。
それでも魚料理や肉料理を用意していることもあり、またデザートにはさまざまなフルーツやケーキがあったりもします。
バイキングが楽しめる要素には、もちろんシェフによる料理の見た目や味ということはあるのですが、ほかにもその食事をする場所の雰囲気であったり、スタッフの仕草や対応であったり、また誰と食事をするのかも大きく影響してくるでしょう。
ホテルのランチバイキングですと、大体2,000円前後くらいから楽しめるのではないでしょうか。
子ども料金は安く設定しているところがほとんどです。
何かの記念日や、ちょっとしたお礼・お祝いに利用するのもいいのではないでしょうか。
Copyright (C)2017 食卓で世界旅行♪いつもと違う気分になれるグルメ食材 All Rights Reserved.