ワインの銘柄だけでなく、葡萄の品種の違いを知れば、選び方もわかるのではないでしょうか。

ワイン用の葡萄の品種を見てみよう

ピノ・ノアール、シャルドネ…これらを聞いてワインを思い浮かべるようであれば、それなりにグルメ通を名乗ってもよいのではないでしょうか。
ワインには赤ワイン、白ワインそれぞれ製造方法が違います。
また使われる葡萄の品種も違ってきます。
赤ワイン用には色も赤黒っぽい葡萄を使用し、品種としては、カベルネ・ソービニヨン、メルロー、ピノ・ノワールが有名でしょうか。
白ワイン用には皮が薄い緑色っぽいものを使い、シャルドネ、リースリング、ソービニヨン・ブラン、またゲヴェルツトラミナというスパイシーな香りのものが代表的です。
それぞれに酸味があったりフルーティーであったりと特色がありますので、いろいろ飲み比べてみるのもいいかもしれません。
またアイスワインというものを知っているでしょうか。
アルコールが苦手な人でもデザートワインのひとつとしてお勧めできるのがこのワイスワインです。
これは氷結した葡萄から作られるワインなのですが、葡萄の実が凍ることにより甘みが非常に凝縮されるのです。
自然に氷結したものから製造して偶然にできたものですが、今では人工的に氷結させて製造することもあります。
収穫量が普通の葡萄よりも少なくなりますので、値段も比較的高くなる傾向があります。
また瓶の大きさも若干小さいものが多いのです。
甘くてフルーティーで飲みやすく、女性にも人気があり、ついつい杯を重ねてしまいがち。
しかし、もちろんアルコール成分が含まれていますので飲み過ぎには注意しましょう。

注目度UPのグルメ関連お勧め情報♪

Copyright (C)2017 食卓で世界旅行♪いつもと違う気分になれるグルメ食材 All Rights Reserved.