縁日などの屋台の食べ物にもなぜか食欲をそそられます。お参りに行った先での団子なども、目当てにしている人もいるのではないでしょうか。

屋台から漂う匂いには逆らえない

高級な料理を食べることだけが、食事を楽しむことではありません。
とてもグルメな食べ物とはいいがたいのですが、お祭りのときに並ぶ屋台から漂う匂いにも食欲をそそられるものです。
たこ焼きや焼きそばといったものから、わた菓子やりんご飴なども定番です。
焼きとうもろこしなんていうのも、とてもいい香りを放っています。
夏にはカキ氷やラムネもよく見かけます。
冬の神社仏閣では甘酒を振舞うお店も出てきます。
人ごみの中を掻き分けて辿り着いた屋台で並んで買って、それを人がまばらになる店の裏手や道路脇で食べる姿はとても行儀がいいとはいいがたいのですが、それもまた日本の原風景のひとつなのではないでしょうか。
その素材や料理方法からはとても安いとはいえない屋台の食べ物。
しかしついつい買って食べてしまうものです。
花火を見ながらポップコーンを食べたり、もしかしたらポップコーンを食べることがメインで花火が添え物だったりはしないでしょうか。
お祭りや花火、初詣に行くときには、腹ごしらえを家でしていってから出かけたほうが得策かもしれません。
ただ、特に初詣などではその地域独特の食べ物が楽しめることが多いです。
蕎麦や饅頭、大福といった和食や和菓子はあちこちの地域で名品があります。
それを目当てに行く人も多いでしょうし、初めていく場所では事前に有名な名品や名産を調べておくのもきっと楽しいでしょう。
これもひとつの贅沢なひとときになるでしょうから。
Copyright (C)2017 食卓で世界旅行♪いつもと違う気分になれるグルメ食材 All Rights Reserved.